top of page

日本の学生はサステナブルな商品が手の届く価格ではないと感じている。

〜 mamoruの調査で日本の学生がサステナブルな買い物や行動の際に直面している課題が明らかに〜




2021年12月から2022年5月にかけて、mamoru(Gochiso株式会社が提供するサービス)は700人以上の学生を対象にアンケート調査を実施しました。その結果、日本の学生の45%がサステナビリティに関心があり、ほぼ同数(40%)が自分の消費活動が環境に与える影響を気にしていることがわかりました。その一方、サステナビリティに関して積極的に取り組んでいる学生はわずか21%で、全体の79%がサステナブルな商品やサービスは高価であると感じているこ

とがわかりました。


学生の消費活動、サステナビリティに関する意見や問題点などの詳細については、以下の調査報告書をご覧ください。



Student Survey Result Report
.pdf
ダウンロード:PDF • 5.22MB



Comments


bottom of page